占い師のほとんどは偽物?「当たる」と錯覚させる手口・悪質電話占いのカラクリを暴露

ニセモノ占い師の「当たる」と錯覚させる手口

電話占いサービスにも悪質な占い師は存在します。悪質な占い師はどんなカラクリで「当たる」と錯覚させているのか。

ここでは、悪質な電話占い師の「当たってる!」と錯覚させる占いの手口や、悪質占い師でも在籍できてしまうカラクリについて徹底解説していきます。

それでは電話占いの闇の部分を覗いていきましょう。

ニセモノ占い師の「当たる」と錯覚させる手口4選

ニセモノ占い師が、当たると錯覚させるテクニック4つを紹介します。
  • コールドリーディング
  • バーナム効果
  • ストックスピール
  • ホットリーディング

コールドリーディング

電話占い からくり コールドリーディング

コールドリーディングとは話術の一つ。即興で会話相手の感情を読み取り、言い当てることで信頼を獲得するという、心理学的テクニックです。

コールド・リーディング(Cold reading)とは話術の一つ。外観を観察したり何気ない会話を交わしたりするだけで相手のことを言い当て、相手に「わたしはあなたよりもあなたのことをよく知っている」と信じさせる話術である。

引用:wikipedia

まずは占い師が、誰にでも当てはまるような質問をします。それに対して相談者は、驚いたり同意したり、肯定的な反応を示します。その感情を巧みに読み取ったうえで、もっともらしいことを重ねて言えば、相談者は「占いが的中した!」と思い込み、占い師を信用し始めます。

これはコミュニケーションのテクニックでもあるので、会話の中で悪用を見抜き、対策するのは難しいでしょう。

ただ一つ言えるのは、

  • 誰にでも当てはまることしか言わない
  • 会話の中で引き出した情報しか知らない

このような占い師は、コールドリーディングを悪用している疑いが濃厚です。

本来占いは、それだけではわからないことを浮かび上がらせるはずですから。

バーナム効果

電話占い からくり バーナム効果

バーナム効果とは、星座占いや血液型占いなどで有名な心理学的現象。

星座占いなど個人の性格を診断するかのような準備行動が伴うことで、誰にでも該当するような曖昧で一般的な性格をあらわす記述を、自分、もしくは自分が属する特定の特徴をもつ集団だけに当てはまる性格だと捉えてしまう心理学の現象。

引用:wikipedia

コールドリーディングでは、これを巧みに利用します。一見的を射ているように見えて、実は誰にでも当てはまることを述べているだけなのです。

人間とは、それぞれ複雑な内面を抱えており、一言で人柄を説明することなんて本当は不可能。「大ざっぱだ」と言われたらそれも正解で、「神経質だ」と言われたらそれも正解。それなのに、自分のことを言い当てられたと錯覚してしまいます…。

バーナム効果は、発言者が権威のある人間だったり、ポジティブな内容だったりすると、効果が高まるというのが研究でわかっています。したがって、やたら権威をアピールする占い師、いいことばかり言う占い師は、このバーナム効果を悪用していると考えられますね。

ストックスピール

電話占い からくり ストックスピール

ストックスピールは、バーナム効果を利用した会話テクニックであり、コールドリーディングの一種。

一見誰にでも当てはまる質問の中でも、あたかも本質を突くようなことを言い、相手を「ギクッ」とさせることによって、信頼を勝ち取ります。

「あなたは今、仕事で悩みを抱えていますね?」、「人間関係で苦労されているでしょう?」なんて、あたかも占いで出た結果のように言われたとして、こんなの誰にだって当てはまりますよね。

まず占いを利用する時なんて、何か悩みがあるに決まっていますし、抽象的な物言いをすれば大体当たります。よっぽどピンポイントな情報を言い当てられない限りは、「当たってる」と盲信しない方がいいでしょう。

ホットリーディング

電話占い からくり ホットリーディング

ホットリーディングも、主にニセモノの霊能者や占い師のカラクリとして有名です。これはコールドリーディングと対照的に、事前調査に基づいて事実を言い当てるというテクニック。

事前調査の方法は様々ですが、本やインターネット、探偵を使うなど。有名人ならともかく、一般人の占いでそこまで用意するとは考えにくいですが…。

注意しておきたいのが、占い師同士での情報共有が行われている可能性。

占いジプシーをしていて、教えていないことを言い当てる占い師に驚かされることがあれば、情報共有によるホットリーディングの賜物である疑いが強いです。
電話占いは当たるのか
【電話占いは当たるのか】本当は当たらない?プロの占い師が本音を暴露

「電話占いは当たるのか?」「信じていいの?」「当たらない占い師もいるって本当?」 このように、電話占いなんて当たらないでしょ?と疑っている人もいる多いはず。 そこで、電話占いは当たるのか?当たる占い師 …

続きを見る

悪質な電話占いサービスのカラクリとは?

悪質な電話占いサービスは、ニセ占い師とグルになって利用者を騙しお金を搾取しようとします。そのカラクリについて解説していきますね。

占い師には誰でもなれる

占い師には免許も資格も必要ありません。たった今から「占い師です」と名乗りさえすれば、あなたも私も占い師として活動は可能です。

もちろん健全な電話占いサイトは、そんなことを許しませんが、悪徳電話占いサイトは違います。いかにも占い師らしく、それっぽいことを言える人なら誰でもいい。そんな杜撰さでニセ占い師を潜り込ませます。

こういう悪徳電話占いサイトは、占い師のオーディションも審査もありませんので、一度電話占いサイトの求人情報を見てみると、その悪質さが垣間見えるかもしれませんよ。

占術でなく心理学テクニックで信じ込ませる

上記で説明したように、本当は占いなんてできないくせに、心理学テクニックを悪用して「当たってる」と錯覚させるニセ占い師がいます。

審査なしで登録できる杜撰な悪徳電話占いサイトには、占術をろくに使えないのにそういった手口でのうのうと占い師ぶる、ニセモノがいるというわけですね。

会員情報や他の占い師と情報共有する

悪徳電話占いサイトは、会員の情報を占い師にコッソリ見せることがあります。上記でご紹介した「ホットリーディング」の手法ですね。

ニセ占い師は電話占いサイト側から得た情報を元に、占いを的中させたフリをして、信用した相談者からお金を巻きあげるのです!

電話占いサービスに潜む悪質な偽物占い師とは?

電話占い カラクリ ニセモノ占い師

電話占いのシステムを考えてみましょう。お金でポイントを購入し、そのポイントが尽きるまで希望の占い師と通話ができる…。

これって、「出会い系サイト」のシステムとほとんど同じではないですか?

つまり、出会い系サイトの業者が電話占いサービスに進出してきたり、悪徳出会い系サイトのシステムを模倣したりしている可能性があるんです!

もちろん、システムが似ているだけで、健全な運営をしている電話占い、本物の占い師を揃えている電話占いが存在するのも事実。

しかし、悪質な出会い系サイトがサクラを使って騙すように、ニセ占い師を立てて騙す悪質な電話占いサイトがあるというのも無視してはなりません。

とはいえ、悪徳業者でも実際に相談者が「すごく効果がある!」「もっとこの人に相談したい」とポジティブに捉えている場合は、周囲がどうこう言うこともできず、難しいところ。

悪徳電話占いサービスか見極めるにはどうすればいい?

悪徳電話占いサービスを避けるためは、次の3つのことを意識しましょう。

  • ①大手以外の電話占いを警戒すること
  • ②口コミ評価を要チェック
  • ③在籍占い師の実績が確かかどうか

①大手以外の電話占いを警戒すること

悪徳業者は、大手サイトとして活動することはできません。占いは熱心な利用者が多いため、ヘビーユーザーの手にかかれば、すぐに悪徳業者だとバレてしまうからです!

悪意を持って活動するのなら行政団体の目につきやすいところで目立つリスクよりはコソコソする方を選びますしね。

特に、運営実績が長い電話占いサービスなら信頼度もバツグンです。

②口コミ評価を要チェック

口コミや評判をしっかり見れば、悪徳業者は自然とあぶりだせます。あるいは口コミ評価が全く見当たらない電話占いは悪徳業者の疑い強し。

いい口コミも悪い口コミも充実しており、金銭トラブル報告がないのなら、安心して利用できることでしょう。

③在籍占い師の実績が確かかどうか

在籍占い師が高名な人なら、その電話占い業者への信頼性はかなり高いです。

高名で実績のある本物の占い師であれば、悪徳業者なんかに加担する必要がなく自分の評判を下げるデメリットにしかなりませんからね。

逆に、明らかに実績がおかしい場合は、ニセ占い師を抱える悪徳業者の可能性が高いです。

ニセモノ占い師の手口まとめ

残念ながらすべての電話占いサイトが優良なわけでなく、杜撰な運営体制によって、錯覚させる占いの手口を悪用するニセ占い師を抱えているところもあります。

それどころか、ニセ占い師とグルになっている電話占いも…。

占い師を疑ってかかるのはよくないですが、ニセモノにまんまと騙されてしまわないような心掛けも大切。

口コミをしっかり確認して、ただの話術テクニックを占いの力だと勘違いしないように気をつけてくださいね。

-電話占いの注意点

© 2020 本当に当たる電話占いセレクト【2020年】