電話占いで緊張してしまう!初心者が緊張する理由&緊張を和らげる方法

電話占い 緊張

電話占いは対面占いとは違って、電話での通話のみで占いをしてもらうことになります。

とくに電話占い初心者にとっては、緊張してうまく鑑定できないこともあるようです。

電話占いが緊張する理由や、和らげる方法、うまく電話占いをするためにはどのようなことをしたらよいのか解説していきます。

電話占いが緊張する理由

電話占い 緊張する理由

電話占いが緊張する理由に、まずは初めて会話する相手に人見知りのようなことが起こってしまうことがあります。

相手の様子を直接見ないで会話することに加え、占ってもらいたいような相談事を話すことになることから、言葉なかなかうまく見つからないこともあります。

緊張することで会話がうまくできなくなって、さらに時間制の料金で伝えないといけないプレッシャーなども加わり、さらに話せなくなることもあります。

緊張がさらなる緊張が呼び、悪循環になってしまいます。

電話占いをする前に緊張を和らげる方法

電話占い 緊張を和らげる方法

電話鑑定の前に緊張を緩和するオススメの方法は4つ。

  • ①事前に電話占いに関する不安を解消しておく
  • ②相談したいことを書き出しておく
  • ③生年月日など必要な情報をまとめておく
  • ④落ち着ける環境を作る

①事前に電話占いに関する不安を解消しておく

電話占いをしたときに、実際にどんな不安を持つかということを事前にリサーチすることもよいです。
そのうえで自分がどれにあてはまるか考え、それを解消していきます。

最初から不安や疑問を解決した状態で電話占いをしてもらえば、スムーズに物事が進む可能性が高くなります。

不安がなくなれば突然訪れる緊張の場面は減り、会話もうまく行きやすいです。

②相談したいことを書き出しておく

電話占いで相談したいことを忘れてしまう、うまく話すことができない、ということは緊張しているとよくあることといえます。

事前に何を話したいか、聞いておきたいかをメモなどにまとめて置いて、これだけは占い師に絶対に聞くということを書きだしておくとよいです。

いざ電話中焦ってパニック状態になっても、最低限聞きたいことは聞けることにつながります。

メモがあれば失敗しにくいという安心感になり、緊張がほぐれていくきっかけになりやすいです。

③生年月日など必要な情報をまとめておく

占いをするときに良く聞かれることの一つとして、自分の生年月日など答えることがあります。

相手がいる様な恋愛の問題ですとその相手側の生年月日も必要だったり、自分の簡単なプロフィールを聞かれることもあります。

突然聞かれてもすぐに答えられないことが、緊張感を呼びますので、聞かれそうなことは事前にまとめておくのが良いです。

聞かれてもそれを見て答えればよいですので、焦ったり余計な緊張感もなくなります。

④落ち着ける環境を作る

電話占いはできれば占い師との二人の会話に集中して占いをしてもらいたいものです。

他の人に聞かれる可能性や、家族が近くにいる場所などはリラックスしにくく、緊張しやすい環境になりやすいです。

注意

占いは本音を言えた方が、自分の聞きたいことがわかりやすく帰ってくる可能性が高いですし、そもそも緊張する場所で占いをしてもらうのは適していません。

出来る限り電話占いをする前に、プライベートな空間が守られるような場所を選ぶことが、緊張することから離れることになります。

電話鑑定がはじまったら

電話鑑定がはじまったら

リラックスできる体勢で話す

電話占いをしてもらうときは、できる限りリラックスして自分の本音を話しましょう。

ですからそのときの自分の格好はリラックスできる体勢の方がよいです。

正座などはやめてどこかにもたれて話したり、着ている洋服もできればリラックスできる格好の方が緊張もほぐれやすくなります。

緊張していることを先に伝える

自分が緊張しやすいと自覚しているときは、先に緊張していることを伝えて置く事も一つの方法です。

占い師の先生によっては先にどんどん話していくタイプの先生もいますので、自分がまとまらず緊張しているとどんどん話が進んでいってしまいます。

緊張していることを先に伝えて置けば、先生も自分の状態が理解しやすくなりますので、話の進み方がゆっくりになったり、緊張していても話しやすくなります。

深呼吸をしてゆっくり伝える

電話占いは時間制の料金のため、どうしても焦ってコミュニケーションをとりがちです。そのため早口になってしまったり、余計に緊張してしまって話せないこともあります。

自分が速い展開に向かないときは、どれか一つに要点をしぼり深呼吸しながらゆっくり伝えるのも緊張しなくてよくなる方法です。

焦りすぎてどれも中途半端にしか聞けなかったということにならない為、満足した占いになりやすいです。

何分ぐらいで鑑定したい、ということを伝える

電話占いは長電話や料金の関係で時間が気になってくることから、うまく話したいという気持ちが強く出すぎて、逆にうまく話せなくなってしまいます。

事前に希望の鑑定時間を伝えることで、占い師の先生もその時間でまとめようとしますので、時間内に終わらせないといけないプレッシャーからは排除されます。

ポイント

より緊張感をなくすためには、自分の中でタイムテーブルを決めてもよいです。

時間を決めることで時間へのプレッシャーからの緊張もなくなっていきますし、予定通りに進めることもできます。

緊張するのは当たり前!だから初回無料がおすすめ

電話占い 緊張するのは当たり前

電話占いは初対面の相手に、自分のプライベートなことを話さないといけません。そのためにどうしても緊張はつきものとなってしまい、事前に準備していても失敗してしまうこともあります。

電話占いサービスには初回無料で鑑定できるところも多いので、自分が緊張してしまうタイプだと感じている場合は、まずはそのシステムを利用してみてもよいです。

【無料電話占いサイト】初回10分無料~30分無料の特典付き・お試し体験できる電話占い一覧

何度か繰り返している間に、慣れという感情も生まれて、緊張がほぐれていくこともあります。

電話占い緊張して失敗しないための鑑定結果を聞き方

電話占い緊張して失敗しないための鑑定結果を聞き方

先生からのアドバイスのメモを取る

電話占いを緊張して失敗しないためには、占い師の先生の発言を積極的にメモを取ることです。

慣れていないと電話が終わるとどっと疲れてしまって、何もかも忘れてしまうタイプの人もいます。

メモを取ることでその時のことをを思い出すきっかけとなったり、その内容がしっかり頭にはいり復習になることもあります。

鑑定内容を録音する

普段から人の言ったことをメモに取る様な電話の仕事をしていたり、速記に慣れている人なら良いのですが、そういう人ばかりはありません。

うまく書き出すことはできない場合は、鑑定内容そのものを録音するのもよいです。

聞き逃していることをもう一度聞く事ができたり、何度も聞く事で占いの内容も頭に入りやすくなります。

緊張しやすい人からのよくある質問

緊張しやすい人からのよくある質問

+ 緊張しているときにおすすめな占い師どんな占い師?

話しを良く聞いてくれるような、ゆっくり話してくれたり、語り掛ける様なタイプの先生なら会話もしやすくなります。
聞き取りやすいですので焦ることもありませんし、自分のことも伝えやすくなります。

+逆に緊張しているときに向いていない占い師の特徴は?

決めつけることが得意だったり、積極的に引っ張ってくれるような先生などは、自分の口がはさめないことがあります。
緊張しているとさらに自分のことを話せなくなります。
先生は占いに満足するかもしれないですが、相談側としてば消化不調になってしまいがちです。

電話占いで緊張したときの対処法まとめ

電話占いで緊張したときの対処法まとめ

以上、電話占いで緊張したときの対処法について解説しました。

事前に対処することで解消することはできますので、あらゆる場面を想定しながら伝えたいことをまとめて置いたり、メモをとったり録音することで占いをしてもらいやすくなります。

時には無料鑑定をうまく利用しながら、占いに慣れていくことで、緊張しにくくなっていきます。

-電話占いの注意点

© 2020 本当に当たる電話占いセレクト【2020年】